本日のamazonタイムセール

12.バックカントリー

10.派生アクティビティ

【浮力重視】バックカントリーのおすすめスキー板

まず結論からお伝えしますと、バックカントリ―でおすすめのスキー板は、慣れていないうちは取り回しや色んな状況に対応できる100mm前後の太さが良いとされています。 その上でパウダーに対応できる浮力を持ち、体力温存のためにも軽量であるスキー板が...
10.派生アクティビティ

【快適な歩行】バックカントリーのおすすめスノーボードブーツ

まず結論からお伝えしますと、バックカントリーに入る際にバックカントリー用のスノーボードブーツは必ずしも必要とは限りません。 しかし、バックカントリーではスキー場のゲレンデとは違って様々な危険が待っています。 バックカントリーに入る際には、こ...
10.派生アクティビティ

【軽さとコンパクトさが重要】バックカントリーのおすすめスノーショベル

まず結論からお伝えしますと、スノーショベルは軽量で強度があり、力が込めやすい形状がおすすめです。 なぜなら、バックカントリーではたくさんの荷物を背負い、たくさん歩かなくてはいけないので、体力に負担が少なくなるように軽量なものが良いです。 そ...
01ー2.ザック

【おすすめ7選】バックカントリー用の軽量コンパクトな日帰りザック(リュック)

まず結論からお伝えしますと、サイズ感が自分に合い、収納力があり、軽いものが良いです。 なぜなら、背中に合わないと歩いたり、滑っている最中にザックが動いて負担になります。 収納力があると良いのは、物の出し入れが楽になるからです。 バックカント...
10.派生アクティビティ

【長野人が語る】バックカントリーのおすすめスノーボード

まず結論からお伝えしますと、おすすめは軽くて取り回しのしやすいパウダーボードがおすすめです。 なぜなら、バックカントリーでは圧雪されておらず、新雪を滑るので、パウダー用のボードを選んでおいた方が滑りやすいのです。 バックカントリーはパウダー...
10.派生アクティビティ

バックカントリーのおすすめスキービンディング(バインディング)

まず結論からお伝えしますと、バックカントリーのビンディングのおすすめは、歩きやすいもので、ビンディングが軽く、スキー板とブーツとの相性が良いものがいいでしょう。 なぜなら、長時間足につけていることが多くなるので歩きやすいビンディングはストレ...
10.派生アクティビティ

バックカントリーでおすすめのグローブ

誰も足を踏み入れていないパウダースノーの中、自然を身近に感じながらスキーを滑るというのはとても気持ちの良いもので、近年その魅力にはまってバックカントリースキーの人口が徐々に増えて来ました。 これから道具を揃えてバックカントリーを始めてみたい...
12.バックカントリー

登山に持ち運びやすいショートスキー(ファンスキー)

ショートスキーとは、その名の通り、通常のスキー板より短いスキー板のことを指します。120cm~140cmが多いです。それに対して100cm未満のスキーをファンスキーと呼んだりします。ひとことで言うと短めのスキー板のことです。短い板なので、登山に持っていきやすいです。
10.派生アクティビティ

バックカントリーの始め方 全くの初心者が始める方法

バックカントリーは、雪山という大自然の中でスキー、スノーボードを楽しむアクティブなスポーツです。 ここではバックカントリーの始め方と必要な装備や注意点をご紹介します。遭難や事故への対策など注意点もまとめていますので、目を通してもらえると嬉しいです。ビーコンなどの道具についても