本日のamazonタイムセール

04.遭難対策

04.遭難対策

高山病ってなんだろう?富士山などの高山で初心者が押さえておく対策・対処法

ここでは富士山登山の『事前に準備する対策』、『登山中の対策』、『高山病になってしまってからの対策』をまとめます。知っておくことで慌てずに対処でき、高山病になるリスクも下げることができるので、一緒に学びましょう。 ヤマノ 何度も高山病になった...
04.遭難対策

トムラウシ山遭難事故から学ぶ事故予防対策

近年の山岳遭難で最大級といわれている、トムラウシ山の遭難事故。登山を行う方なら内容は知らなくても、聞いたことがあるという方がほとんどなのではないでしょうか。2009年7月16日に起きたこの事故では10名の方が亡くなり、そのうちの8名は同じ登...
04.遭難対策

アマチュア無線技士に聞く「登山におすすめなハンディ無線機」

あなたは山奥で携帯電話が圏外となり、連絡に困ったことはありませんか? 奥深い山に立ち入る方は何かあったときに連絡できないのは不安になることも多いと思います。 今回はそんな状況化でも連絡がとれる無線機の活用についてお伝えします。 無線機の使う...
04.遭難対策

【九死に一生】ソロ沢登り登山の危険体験 

経験豊富な慢心さが生んだ、沢登りでの滑落危機 ヤマノ 登山の危険体験は初心者ばかりではありません。経験豊富だからこそある危険をしっておきましょう 山岳ライターBさん 私の登山歴は約10年ほどになります。 ニュージーランドで登山ガイドをしたこ...
04.遭難対策

[雪山登山必読] 間違った用法が死に直結するシリセード(グリセード)とは?

雪山登山の技術にという技術があります。簡単に言うと、立った状態でスキーのように滑る移動方法です。滑るという動きをするため、必ずピッケルによる滑落停止ができる状態で行います。 この時点で気づく人もいると思いますが、滑落停止ができることが前提の...
04.遭難対策

いざというときに用意しておきたい おすすめのエマージェンシーシート

先日、雨登山で寝袋が濡れ、寒さで眠ることができないほど震えました。7月ではありましたが、山の上では標高によっては夏でも寒いことが少なくありません。あるとないとでは想像以上に体感温度が違いますので、いざというときのために持っておきたいです。エマージェンシーシートのありがたみをこれでもかというほど感じました。
01ー8.テント泊

登山の雷対策(テント泊~行動中)と危険な理由

高い山の上では、雷は恐ろしい存在です。なぜなら雷雲はあっという間にやってきて、突然落ちてくるものだからです。山岳事故の事例としても死亡事故につながりやすいので、注意したいですね。
01ー8.テント泊

登山のテント泊 雨対策はどうする?(設営・食事・撤収時)

テント泊中に雨に降られたらつらいですよね。事前にできる対策や降られたらどう対応するのが良いのか、考えてみました。設営から食事、撤収までどのように行動すればよいのでしょうか?
04.遭難対策

登山の遭難事故まとめ(事例から学ぶ遭難対策)

この記事でわかること ・遭難事故の原因を知り、とるべき対策がわかる ・知識不足や慢心を避け、安全登山を行うことができる 山岳遭難というのは、自力下山できない状態を指します。 なので、滑落、怪我や体調不良で歩けなくなるケースもあれば、道迷いで...
04.遭難対策

登山のファーストエイドキット!! 中身におすすめなものは何?

ファーストエイドキットとは、 登山中のトラブルに対して応急措置をとるための道具セットです。パーティーでリーダーだけが持てば良いと言われることもありますが、 私は全員に持って欲しいと思います。